2020年 8月 観劇記

はじめに 8/16 深夜ガタンゴトン『消え残る』@王子スタジオ1 8/18 スペースノットブランク『フィジカル・カタルシス』@こまばアゴラ劇場 8/27 東京夜光『BLACK OUT -くらやみで歩きまわる人々とその周辺-』@三鷹市芸術文化センター 星のホール はじめに 8…

2020年 7月 観劇記

はじめに 7/20 DULL-COLORED POP 『アンチフィクション』@シアター風姿花伝 7/27 屋根裏ハイツ『ここは出口ではない』@こまばアゴラ劇場 7/29 屋根裏ハイツ『とおくはちかい(Reprise)』@こまばアゴラ劇場 はじめに 7月は訪問診療を行うクリニックでの地域…

2020年3月 観劇記

はじめに 3/4 ゆうめい『弟兄』@こまばアゴラ劇場 3/12 ゆうめい『俺』@こまばアゴラ劇場 3/16 ゆうめい『弟兄』@こまばアゴラ劇場 3/17 スペースノットブランク『ウェア』@新宿眼科画廊 はじめに 研修も1年がすぎ、ついに後輩ができる時期になってしま…

2020年 2月 映画について

はじめに 2/13 『幸福なラザロ(英題: Happy as Lazaro)』 2/20 『存在のない子供たち(英題: Capernaum)』 2/24 『ミッドサマー』@TOHOシネマズ日比谷 はじめに 先月から家の近くにある名画座の年間会員になりました。 せっかくなのでこの1年だけは映画(劇場…

2020年 2月 観劇記

はじめに 2/8 可児文化創造センター&リーズプレイハウス『野兎たち』@新国立劇場 2/9 青年団国際交流プロジェクト『東京ノート インターナショナルバージョン』@吉祥寺シアター 2/15 ロロ『二つのさみしい窓』@こまばアゴラ劇場 2/16 烏丸ストロークロッ…

2020年1月 観劇記

はじめに 1/10 ゴジゲン『ポポリンピック』@こまばアゴラ劇場 1/11 多摩美術大学演劇舞踏デザイン学科研究室『黄昏ゆ〜れいランド』@東京芸術劇場 1/26 『少女仮面』@シアタートラム 1/26 松永天馬『2020年の生欲』@渋谷WWWX 1/31 アーバンギャルド『TOK…

虚言癖と夢野久作『何んでも無い』について

はじめに 姫草ユリ子について 虚言と虚栄について 地獄への入り口 最後に はじめに 先日、研修医同期との雑談で、どうして虚言癖というものが存在するのか、という話題になりました。 それは、彼の大学の後輩が虚言癖持ちで、周囲を戸惑わせた上に、さらに本…

少女都市『光の祭典』について(後編)

はじめに 「他者性」と向き合うこと・見て見られることについて 見られること・見ること 「少女性」と見られること 「あたし生まれて初めて世界から見られたの」 「ぼんやりとした書き割りだったあたしが、初めて、世界にピントを合わせられた日を」 「あた…

少女都市『光の祭典』について (前編)

はじめに 根底にあるものを探して 喪失と復活について 人・物の喪失 都市の喪失と復活 「心身のコントロール/支配権」の喪失と復活 心身と都市、あるいは権力について 切り売りされる心身 権力との取引 心身を予知すること、認知すること 権力関係の不可避性…

2019年12月 観劇記

はじめに 11/28 青年団リンクキュイ『景観の邪魔(Aプログラム)』@駒場アゴラ劇場 12/1 青年団リンクキュイ『景観の邪魔(Bプログラム)』@駒場アゴラ劇場 12/5 『椿姫』@新国立劇場 12/7 inseparable 『変半身』@東京芸術劇場 12/14 『少女都市からの呼び…

2019年11月 観劇記

はじめに 11/10 アーバンギャルド『令和零時のアーバンギャルドツアー』@渋谷CLUB QUATTRO 11/15 『ひとよ』@TOHOシネマズ新宿 11/16 ロ字ック 『掬う』@シアタートラム 11/20 『地獄少女』@Humaxシネマズ池袋 11/21 『JOKER』@TOHOシネマズ新宿 11/22 …

2019年 10月 観劇記

はじめに 10/6 ゆうめい『姿』@三鷹市芸術文化センター星のホール 10/6 水素74%『ロマンティック♡ラブ』@新宿眼下画廊 はじめに 10月は外科ローテで時間が読めなかったこと、夏休みをとってウズベキスタンへ行った関係で2本だけでした。 外科ローテは偶然…

2019年 9月 観劇記

はじめに 9/1 feblabo プロデュース『ナイゲン』@新宿シアターミラクル 9/3 おおくぼけいのベランダ@LOFT HEAVEN 9/4 Prelude『ここハ東京、ユメのなか』@シアター風姿花伝 9/6 マチルダアパルトマン『おへその不在』@下北沢 駅前劇場 9/8 アーバンギャル…

アーバンギャルド 『少女都市計画』について

はじめに 全体を通して 概念の娼婦 「説明しよう、都会の仕組み」 「少女性」について アーバンギャルドと「少女」 個々の楽曲について M1 『恋をしにいく』 M2『コンクリートガール』 M3『東京生まれ』 M4『アニメーションソング』 M5『リボン運動』 M6『修…

2019年8月 観劇記

はじめに 8/8 『夕 -ゆう-』 @シアターサンモール 8/16 特撮ワンマンライブ@恵比寿LIQUIDROOM 8/17 『松永天馬殺人事件』@池袋シネマロサ 8/20 『天気の子』@イオンシネマ市川妙典 8/22 少女都市 『光の祭典』@こまばアゴラ劇場 8/23 第27班『潜狂』@三…

2019年7月 観劇記

はじめに 7月分の観劇記です。そのイメージとは異なる腎・糖尿病科の忙しさに圧倒されていたため質*1・量ともに乏しいですが、記録は記録として残しておきます。 7/14 青年団『その森の奥』@こまばアゴラ劇場 いわゆる「静かな演劇」の発起人である平田オリ…

2019年6月 観劇記

はじめに 6/2 KAKUTA 『らぶゆ』 6/5 STRAYDOG『おとうさんとわたし』 6/9 モダンスイマーズ『ビューティフルワールド』 はじめに 先月もいくつかの舞台を観に行ったので記録に残しておきます。準夜勤のせいで本数が少ないですが、一作一作が印象的な作品に…

2019年5月 観劇記

はじめに 4/30 アーバンギャルド presents 平成死亡遊戯 5/3 STRAYDOG 『それからの夏』 5/19 渡辺実希 『身内に不幸がありまして』 5/21 キャラメルボックス 『ナツヤスミ語辞典』 5/26 悪い芝居『野生の恋』 5/26 悪い芝居『暴動の後、さみしいポップニュ…

追いコン用スピーチ原稿 (卒業によせて②)

はじめに スピーチ原稿 はじめに 今回はメモ程度に卒業時に話そうとしたことを残しておきます。当日は日和って言いたいことの半分も言えなかったのでリベンジの要素もあるかもしれません。 スピーチ原稿 まず、こんな素晴らしい会を企画し、参加していただい…

うみのて『IN RAINBOW TOKYO』について

はじめに アルバムを通じて アルバム全曲の感想 地獄の序盤 M1「TALKING BABY BLUES (HEY BOY HEY GIRL)」 M2「NEW WAR (IN THE NEW WORLD)」 M3「もはや平和ではない」 M4「WORDS KILL PEOPLE (COTODAMA THE KILLER)」 天国の中盤 M5「三億年」 M6「ぐるぐ…

テーマパーク的なるものについて (卒業によせて①)

はじめに USJの思い出 もう一つの思い出 T君の思い出/フィクションへの距離感 感情への信頼・環境への信頼、もしくは共通点について テーマパーク的なるもの はじめに 多くの人は、学生生活が終わると2度と部活に入ることはありません。そこで大学卒業に寄せ…

2019年3-4月 観劇記

はじめに パルコプロデュース『母と惑星たち、および自転する女たちの記録』 キャラメルボックス『スロウハイツの神様』 新しい学校のリーダーズ ワンマンライブ 春匠『チョコレイトケーキ』 劇団四季『キャッツ』 マチルダアパルトマン『ばいびー、23区の恋…

運動会の思い出、「体育」という呪い

はじめに 小学生の頃 中学生の頃 中学1年生の頃 中学2,3年生の頃 高校生の頃 高校1年生の頃 高校2年生の頃 高校3年生の頃 はじめに これは私の運動会の思い出についての記事です。学生時代が終わる前に、どうしてもまとめておきたかったテーマです。 棒倒し…

村田沙耶香 『地球星人』について

はじめに 感想 全体を通して エスカレートする物語 ボトムアップのディストピア、あるいは#Metoo 「合理性」という『信仰』 の危うさ 「正常」に対する不信感 男女のコントラスト 欲望の発するところ 肉体という足場 今後の展望 はじめに 村田沙耶香の『地球…

11/16-19 クアラルンプール(総論編)

はじめに 最近の目標はpracticalなromantismということで、なるべく一つの事柄に対して複数の記事を書いていきたいと思います。 2泊4日という短い日程ですが、家族の学会についていく形で、先日クアラルンプールに行ってきました。この記事では、その感想と…

Trialogueについて

ご挨拶に代えて ただ一つ求められるもの・守るべきもの もう一つのTrialogue 未だ見えない、しかし「今ここにある」あなたへ ご挨拶に代えて まずはこの場に訪れ、さらにはこの記事に目を通して頂いたあなたに最大限の感謝を申し上げます。初めまして、私は…